Latest Publications

☆神戸まつり!

平成22年5月16日(日)素晴らしい晴天に恵まれ、待ちに待った神戸まつりが開催されました。
マリ・バトンスクールも毎年参加している神戸まつり。
今年もフラワーロードでのパレードと神戸文化大ホールでの『ジパング☆ダンスナイト』の両方に出演しました。
拍手喝采を浴びて、みんな素敵な笑顔!!
    ・・・・・みーんな、うっすら陽に焼けたかな・・・・・

0k2010kobe039

*** フラワーロードでのパレード ***
神戸市消防音楽隊の皆さんの演奏にのって、元気いっぱい、楽しく演技できました!

 

 ok2010kobe113ok2010kobe129
*** 神戸文化大ホール『ジパング☆ダンスナイト』 ***
輝く演技で観客を魅了! 

 

※ 去る5月4日には大阪・梅田のスカイビルで、神戸まつりのPRイベントに出演しました。

 ok2010umeda022

ありさ通信「ラスベガスの澄み渡る青空より」12

☆最新ニュース・別のアクトでデビュー!!

ラスベガスからメールが届きました…
私たちもつい1ヶ月半ほど前に目の当たりにしてきたシーンが甦り、“あの悪者のコスチュームでする、アレかな…”と読んで行くにつれ、いつもながら足が震える思いです。 

『5月13日、ポスト&ビームスと呼ばれるシーンで、以前とは別のアクトでデビューしました。
今回のアクトは、スピードをつけてロープを滑り降り、その後、客席上の3階の高さのところで、ペンデュラムというケーブルに吊られた状態でスイングするトラックです。
森のシーンのペンデュラムと異なり、こちらは、スイングからレイルに戻る際、テクニシャンの方がケーブルを引っ張って、長さを調整しながら行います。
何度も足を強打しながらも無事にデビューすることができました。

今回はデビューを事前に知らされていた訳ではなく、この日のトレーニングを終えた際に、コーチとキャプテンに「では、次は今日のショーで・・・」とニコニコ笑いながら、サラッと言われ、「今日?!」・・・そこで初めて自分への覚悟を決め、ショーで行うことになりました。
突然のデビューとなりましたが、もちろん緊張しながらも、無事に2回のショーで行うことができました。』

写真があればいいのですが、残念ながらシアター内は撮影禁止です。
私たちもまたまた、あのKÀシアターに行きたくなってきました…!!

ありさ通信「ラスベガスの澄み渡る青空より」11

☆ありさの頭とご対面?!

ラスベガスから写真が届きました。
白い彫刻作品のような頭と横に見覚えのある笑顔・・・メイクはしていてもすぐわかりますね。
これは“ありさ”仕様のかつらや帽子を作るために先月作ってもらった頭部の“型”なのです。
この頭部の型は、この後ラスベガスからカナダ・モントリオールへと送られるというので記念に写真を撮ってもらい、不思議な気持ちで一度“bye-bye…”と言ったそうです。
でも、先週ラスベガスで再会したそうです。
その型に向かって今度はどう言ったのでしょうね。“
Hi! My head!”でしょうか…?

『ありさの日記』にもこのことは書かれていますので、ぜひご覧ください。IMG_0359 -調整後※※※ 悪者役なのに、どう見ても可愛いですね ※※※

 

ショーの方では4月30日、森のシーンのペンデュラムで、今まではステージに向かって右側からだけだったのが左側のレイルからもデビューしたそうです。
スイングの内容は同じものをしますが、レイルの角度と高さが違うので、レイルに戻る感覚が違うのです。
また右側と違って左側は、他のアクトのアーティストとのタイミングを見ながらスイングするので、色々な所に注意を払わなければなりません。
そこはバトントワリングで鍛えてきた複雑な状況を読み取る感覚…何度か練習を経て、無事にデビューすることができ、現在は森のシーンで両側のペンデュラムと最初にデビューした蔓に登るペタルバインを、その日によってローテーションで行っているそうですよ。

ちなみに、その日のローテーションは、当日の午後6時に貼り出されるとか・・・
すごいですね~!

 

※ gooブログ『ありさの日記』
 http://blog.goo.ne.jp/arisa-takami0215

☆平成22年度松原市民バトントワリング大会&第29回マリ・バトンスクールコンペティション

去る4月29日(祝)松原市民体育館にて恒例の松原市民バトントワリング大会&マリ・バトンスクールコンペティションを開催いたしました。okP1070197
3歳児から社会人まで、約300名のトワラー達が金メダルと優勝カップを目指してこの一年間の成果を競い合います。今年はゲスト審査員として日本スポーツバトン協会常任理事の綿貫真由美先生をお招きしたこともあり、出場選手たちはいつも以上にヒートアップしました。成績は次のとおりです。  

 

                                            okP1070307
選手権部門アスリートコース
                   第1位 田中 穂香
                   第2位 工藤 優女
                   第3位 大隈 伶奈
                   第4位 仲野マリ子
                   第5位 吉田 絢香 
                    第6位 芝原 萌香
選手権部門レギュラーコース 
                   第1位 黒川 ゆいokP1070327
                                           第2位 小幡 温子
                                           第3位 桝本 玖瑠美

   ティームの部  優 勝   F♥Kリトル
                           準優勝  プラネット
                            第3位   ルーシィ神戸
                            第4位   ジュピター
                           第5位   F♥Kプチート

       

okP1070207       okP1070308
小さなトワラーもウォームアップ中!      閉会式・・・真剣に耳を傾けて・・・

☆シルクドゥソレイユ『KÀ』を観賞してきました!

スタッフはやっと念願の『KÀ』を観にラスベガスへ!!
はやる思いを抑えきれないまま日本を発ちました。
ラスベガスの空は前日の強風がウソのように収まり、“澄み渡る青空”が私たちを迎えてくれました。

一日目のダイアナ役は高見亜梨彩、二日目はのんのんさん(高橋典子さん)。二人のダイアナを観ることができたのは本当にラッキーでした。
またその日は偶然、『ZED』に出演中の稲垣正司さんと小城桂馬さん(立命館大学バトンチーム)も来られ、一緒に写真を撮らせていただいたのもさらにラッキーなことでした。
そして、ショーが終わるとまたまたお食事をご一緒させていただき、楽しくおしゃべりをして過ごしました。普通では“あり得ない”体験でした。

P1070137

      ※ ダイアナ・高見亜梨彩 ※

                               P1070167

                 ※ ダイアナ・高橋典子さん  フォレスト・高見亜梨彩 ※

 

P1070182

 

この写真はその時に撮ったものです。
3人揃っての写真は1993年シンガポールのチンゲイパレードに出演した時以来(?)で、とても貴重な写真です。
当時、稲垣正司さんと高見亜梨彩は中学生・・・なんと成長したことでしょう!

 

※※※ 高橋典子さん・稲垣正司さん・高見亜梨彩 ※※※
      貴重な3(スリー)ショット!!

☆高見亜梨彩の記事掲載

バトントワラーのポータルサイトとして人気のある『ウィズ・バトンネット』に、マリ・バトンスクールの
高見亜梨彩の記事が掲載されました。

現在シルクドゥソレイユの 『KÀ』 に出演し、ラスベガスで生活をする高見亜梨彩にいろいろなインタビューをしていく興味深い内容になっています。

このサイトは昨年12月にも当スクールの田中穂香選手が取材を受け、素敵な写真入りで掲載されたこともあります。
ここからアクセスしてみてくださいね。 ↓

http://www.wis-baton.net/

 

※ gooブログ『ありさの日記』もぜひご覧ください。
 http://blog.goo.ne.jp/arisa-takami0215

☆田中穂香選手、全日本選手権入賞、おめでとう!

田中穂香・ダンストワール中学校部門    第5位
工藤優女・ソロストラット中学校部門  
   第15位
仲野マリ子&樋口恋美・ペア大学一般部門 第11位

去る3月20・21・22日(土~月)、第35回全日本バトントワリング選手権大会が広島県立総合体育館(広島グリーンアリーナ)にて開催されました。

ペア、ソロストラットでは惜しくも準決勝の壁を越えることはできませんでしたが、ダンストワールでは田中穂香選手が健闘し、全日本第5位で入賞を果たしました。

 応援いただいた皆様、本当にありがとうございました!!

 

※ gooブログ『ありさの日記』もぜひご覧ください。
 http://blog.goo.ne.jp/arisa-takami0215

ありさ通信「ラスベガスの澄み渡る青空より」10

☆ポスト&ビームスでのアクトデビュー☆IMG_0082 - cut10

  3月3日、ポスト&ビームスというシーンの中でのアクトでデビューさせて頂きました。
 ダイアナ役や他のアクトを優先し、しばらくトレーニングをお休みしていましたが、再開後、3回のトレーニングでデビューをさせて頂くことができました。
 今回の私のアクトは、ショーが始まる前に、刺青の衣装で、観客席周辺で色々なアクトをする中の一つで、ケーブルに吊られた状態で、6階から逆立ちをして下りたり、4階からジグザグに下りたり、ぶら下がった状態でスイングしたりします。初めてのトレーニングで、6階から客席を眺めた時は“ここから下りるの???”と目が点になりましたが、練習を重ねるうちに高さへの恐怖はなくなりました。
 今回もまた、コーチ、アーティスト、テクニシャンの方々に気にかけて頂きながらのデビューとなり、多くの方に見守って頂いていることに本当に感謝しています。 まだまだ不安もありますが、ショーの中で回を重ねながら、自信をつけていきたいと思います。

  今後も色々なトレーニングが続きますが、すでにデビューさせて頂いているダイアナ役、森の場面でのペンデュラムなどの向上と並行し、挑戦していきたいと思います。

※ gooブログ『ありさの日記』もぜひご覧ください。
 http://blog.goo.ne.jp/arisa-takami0215

☆第35回全日本バトントワリング選手権関西大会☆

2月14日(日)舞洲アリーナにて、多くのアスリートたちにとっての最大の目的となる「第35回全日本バトントワリング選手権関西大会」が今年も盛大に開催されました。
マリ・バトンスクールからも初めての挑戦者も含めて全員熱い戦いに挑み、下記の通り入賞を果たしました。35th関西選手権

       田中穂香・ダンストワール中学校部門第3位
       工藤 優女・ソロストラット中学校部門第4位
       仲野マリ子&樋口恋美・大学一般部門第6位

 

4選手は今大会で関西代表選手として推薦を受け、この後3月20日から3日間広島県立総合体育館(広島グリーンアリーナ)で行われる「第35回全日本バトントワリング選手権大会」に挑戦します。
引き続き、応援お願いいたします!!

☆第12回大阪コンテスト&第2回大阪競技大会の結果報告

12th大阪バトコン21年度『第12回大阪バトントワリングコンテスト』

毎年大阪府下のバトントワラー達が一堂に会し、挑戦する大阪バトントワリングコンテスト。
マリ・バトンスクールからも今年初めてチャレンジした人も含めたくさんの人が挑戦!
金賞、銀賞多数のメダルを受賞しました!

本当におめでとう!!

 

2th大阪競技大会2010『大阪市体育協会会長杯
       第2回大阪バトントワリング競技大会』

昨年新しく創設され、第2回目となる今大会では日本でもトップレベルと言われる強豪が集い、マリ・バトンスクールからも初めての種目に挑戦した選手も多い中、下記のとおり入賞者が出ました!!

岡田 玲美  ・ ソロトワール小学校高学年の部 第6位
田中 穂香  ・ ソロトワール中学校の部     第6位
吉田 絢香  ・ トゥーバトン大学・一般の部    第4位
工藤 優女  ・ ソロストラット中学校の部      第4位
森 なつみ  ・ ソロストラット高等学校の部      第8位
田中 穂香 ・ ダンストワール中学校の部   第1位 ☆
芝原 萌香  ・ ダンストワール中学校の部     第5位
大隈 伶奈  ・ ダンストワール大学・一般の部  第4位
仲野マリ子 ・ ダンストワール大学・一般の部  第6位
仲野マリ子&樋口恋美 ・ ペア大学・一般の部 第3位