Latest Publications

☆夏のイベント・その2☆

第6回大阪府ITステーション オープン記念イベント

8月29日(日) 天王寺区民センターホール

スタジオの近くにある大阪府ITステーションが、オープン6周年記念のイベントを開催されました。
大阪府ITステーションは、障害者のためのパソコン講習会や就労支援、職業訓練などIT技術向上を目指すセンターです。

記念の楽しい催しは大阪府知事のあいさつから始まり、手話コーラス、独唱、ピアノ演奏、歌のお姉さんのバルーン・パフォーマンスに続き、マリ・バトンスクールのメンバーの演技も観ていただきました。

皆さんの温かい拍手と応援、ありがとうございました!

☆夏のイベント・その1

『カルチャーウェア 文化と心を身にまとう』 

8月29日(日) 大阪府吹田市・国立民族博物館ホール

 

衣服を通して文化意識を高め、異文化交流を促進する国際的なムーブメント『カルチャーウェア― 文化と心を身にまとう』が開催され、その中の子ども服30数点のファッションショーにマリ・バトンスクールのメンバー16名が出演させていただきました。

「え?バトンを持たない出演??」
そう思ったメンバー達・・・リハーサルではバトン演技ではないのでどう演じればいいのか戸惑ってばかり・・・!
「モデルなんてやったことなーい・・・」「こんな民族衣装、着るのも初めて!」と照れながらステージをただ歩くだけで、付き添いのお母さん達も心配顔・・・。

でも本番ではそんな心配を吹き飛ばすほどの堂々たるモデル・ウォーキング!!                          

ベトナム、韓国、中国、インド・・・
様々なアジアの民族衣装をアレンジした子供服を着させてもらって、満面の笑顔とバッチリ決まったポーズ!!

子どもたちの底力は計り知れないものがあるものですね~!
頼もしい!
 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

NHKテレビ『ぐるっと関西』生出演!

                                                                                8月28日(土)

また前日には午前11時40分頃NHKテレビ『ぐるっと関西』でこのイベントの特集があり、4人が出演しました。
みんな「ドキドキした・・・」と言ってましたが、なんのなんの!!余裕の笑顔でしたよ~
さすがバトンで鍛えた度胸!!

ありさ通信「ラスベガスの澄み渡る青空より」14

☆ロングペンデュラムデビュー!

先日嵐の中のボートシーンでの難しいアクトでデビューしたばかりの亜梨彩から、またまたお知らせが届きました。
今度は森のシーンでの同じコスチュームとメイクですが、大きな舞台の端から端まで一気に飛ぶというアクトらしい・・・次々といろいろなことに挑戦していく毎日・・・どれだけの努力をしているのか・・・計り知れないものがありますね。

  ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃  ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ 

  森の場面のロングペンデュラムというアクトでデビューさせて頂きました。すでにショーで行っているハウスペンデュラムと異なり、劇場の左右を行き来する、距離の長いペンデュラムになります。
 ハウスペンンデュラムはレイルに戻る際、腕でレイルをつかみますが、ロングペンデュラムはまず足をレイルに引っかけます。距離感や到着の仕方に慣れるのに少し時間がかかり、レイルに足を何度もぶつけましたが、無事にデビューすることができました。
 当日の照明付きでのトレーニングでは、とても緊張していましたが、ショーが始まり、森の場面でレイルに立つと、思った以上に冷静で、自分自身のアクトの気になる部分までを記憶しながら、行うことができました。
 ロングペンデュラムでは、長い距離の間にたくさんの花びらを撒きます。スイングした軌跡には花びらが舞い落ち、その光景はとても美しく、気持のよいものでした。

 まだまだ安定はしていませんが、この素敵な情景をお客様に味わって頂けるよう、気持を込めて、花びらを撒いていきたいと思います。

  ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃  ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ 

今回も写真をお見せできなくて残念・・・!
幻想的でロマンチックな森のシーン・・・最後の花びらが尾を引くように舞い落ちていく様子が、そのシーンの素敵な余韻を描いていたのを思い出しました・・・

※ gooブログ『ありさの日記』
 http://blog.goo.ne.jp/arisa-takami0215

ありさ通信「ラスベガスの澄み渡る青空より」13

☆『KÁ』嵐の中のボートシーンデビュー!

 KÁでは主人公達が悪者達に襲われ、ボートに乗って嵐の中を逃げる大変危険なシーンがあります。セイラーの数人はボートから落ちたりもします。そのシーンに亜梨彩もデビューしたとのことで、メッセージが届きました。

    ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃
   先日ストームのシーンのボートに乗るセイラー役としてデビューをさせて頂きました。自分たちでボートを操りながら、嵐の中の大きく揺れるボートを演出するアクトです。
 デビュー当日の最終のトレーニングは、完全に私のためのもので、とにかく私の気になる部分をクリアさせようとコーチや他のアーティストの皆さんが細かく見て下さいました。
 トレーニングの終わりに、“これで今日のショーに出る準備はできた?”とコーチに改めて聞かれ、“はい”と自分に言い聞かせるように返事をしました。その瞬間、その場にいた皆さんが拍手をして下さいました。
 私が最も苦労していたアクトだと皆さん知っていたからこその、本当に暖かい拍手でした。

 ショーでは、一つずつの動きをとにかく冷静にこなしていくことだけに集中し、どうにか無事に終えることができました。周りにいるアーティストの皆さんが、ショーの中でも本当によく気にかけて下さり、助けて下さいました。

   今までにデビューした森のシーンやポスト&ビームスとの大きな違いは、一人ではないということ・・・
   トレーニングが始まった頃は、まだこちらに来てすぐだったということもあり、皆さんのこともよく知らず、どうしても迷惑をかけてしまうという気持ちが焦りになり、一人ではないことがマイナスに作用していました。でも、徐々に皆さんの暖かさを感じ、信頼できるようになったからこそ、安心して出来るようになったのだと思います。

 ボートの揺れになされるがままで、マストにしがみついて立っていることが精一杯だったトレーニングからスタートし、揺れの中ボートの先端に登る練習中、ボートから落ちたこともありました。マストに全く登れず、ショーとショーの間に、私のためにトレ-ニングルームに設置して下さったピンクのポールに登る練習を何度もしました。手を滑らせて、首が回らなくなったこともありました。
 今も手足は痣だらけですが、私にとって大きな大きな課題だったボートがデビューまでたどり着くことができ、色々な気持ちを頭と身体で一機に感じることになりました。

 私にとって最も負担の大きなアクトであるということも理解して下さった上で、時間がかかっても必ず出来ると信じ、丁寧に教えて下さったコーチやアーティストの皆さんに、感謝の気持ちでいっぱいです。
 まだまだ、助けてもらいながらの私ですが、ショーの中で回数を重ね、安定したアクトにしていきたいです。

   ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃ ❃

※ gooブログ『ありさの日記』
 http://blog.goo.ne.jp/arisa-takami0215

☆がんばりました!第28回関西バトントワリングコンテスト

28th関西バトコンプログラム去る6月26日(土)・27日(日)の2日間にわたり、大阪市中央体育館で関西バトンコンテストが行われました。
毎年大勢のトワラーたちが関西一円より集まり、各部門に果敢にチャレンジします。

マリ・バトンスクールからも今回初めてチャレンジする人、さらに上のクラスにチャレンジする人、2種目3種目にチャレンジする人・・・誰もが高い目標を持って、日頃の練習の成果が発揮できるよう一生懸命練習してきました。

そして厳しい審査の中、金賞・銀賞多数のメダルを受賞しました。

☆神戸まつり!

平成22年5月16日(日)素晴らしい晴天に恵まれ、待ちに待った神戸まつりが開催されました。
マリ・バトンスクールも毎年参加している神戸まつり。
今年もフラワーロードでのパレードと神戸文化大ホールでの『ジパング☆ダンスナイト』の両方に出演しました。
拍手喝采を浴びて、みんな素敵な笑顔!!
    ・・・・・みーんな、うっすら陽に焼けたかな・・・・・

0k2010kobe039

*** フラワーロードでのパレード ***
神戸市消防音楽隊の皆さんの演奏にのって、元気いっぱい、楽しく演技できました!

 

 ok2010kobe113ok2010kobe129
*** 神戸文化大ホール『ジパング☆ダンスナイト』 ***
輝く演技で観客を魅了! 

 

※ 去る5月4日には大阪・梅田のスカイビルで、神戸まつりのPRイベントに出演しました。

 ok2010umeda022

ありさ通信「ラスベガスの澄み渡る青空より」12

☆最新ニュース・別のアクトでデビュー!!

ラスベガスからメールが届きました…
私たちもつい1ヶ月半ほど前に目の当たりにしてきたシーンが甦り、“あの悪者のコスチュームでする、アレかな…”と読んで行くにつれ、いつもながら足が震える思いです。 

『5月13日、ポスト&ビームスと呼ばれるシーンで、以前とは別のアクトでデビューしました。
今回のアクトは、スピードをつけてロープを滑り降り、その後、客席上の3階の高さのところで、ペンデュラムというケーブルに吊られた状態でスイングするトラックです。
森のシーンのペンデュラムと異なり、こちらは、スイングからレイルに戻る際、テクニシャンの方がケーブルを引っ張って、長さを調整しながら行います。
何度も足を強打しながらも無事にデビューすることができました。

今回はデビューを事前に知らされていた訳ではなく、この日のトレーニングを終えた際に、コーチとキャプテンに「では、次は今日のショーで・・・」とニコニコ笑いながら、サラッと言われ、「今日?!」・・・そこで初めて自分への覚悟を決め、ショーで行うことになりました。
突然のデビューとなりましたが、もちろん緊張しながらも、無事に2回のショーで行うことができました。』

写真があればいいのですが、残念ながらシアター内は撮影禁止です。
私たちもまたまた、あのKÀシアターに行きたくなってきました…!!

ありさ通信「ラスベガスの澄み渡る青空より」11

☆ありさの頭とご対面?!

ラスベガスから写真が届きました。
白い彫刻作品のような頭と横に見覚えのある笑顔・・・メイクはしていてもすぐわかりますね。
これは“ありさ”仕様のかつらや帽子を作るために先月作ってもらった頭部の“型”なのです。
この頭部の型は、この後ラスベガスからカナダ・モントリオールへと送られるというので記念に写真を撮ってもらい、不思議な気持ちで一度“bye-bye…”と言ったそうです。
でも、先週ラスベガスで再会したそうです。
その型に向かって今度はどう言ったのでしょうね。“
Hi! My head!”でしょうか…?

『ありさの日記』にもこのことは書かれていますので、ぜひご覧ください。IMG_0359 -調整後※※※ 悪者役なのに、どう見ても可愛いですね ※※※

 

ショーの方では4月30日、森のシーンのペンデュラムで、今まではステージに向かって右側からだけだったのが左側のレイルからもデビューしたそうです。
スイングの内容は同じものをしますが、レイルの角度と高さが違うので、レイルに戻る感覚が違うのです。
また右側と違って左側は、他のアクトのアーティストとのタイミングを見ながらスイングするので、色々な所に注意を払わなければなりません。
そこはバトントワリングで鍛えてきた複雑な状況を読み取る感覚…何度か練習を経て、無事にデビューすることができ、現在は森のシーンで両側のペンデュラムと最初にデビューした蔓に登るペタルバインを、その日によってローテーションで行っているそうですよ。

ちなみに、その日のローテーションは、当日の午後6時に貼り出されるとか・・・
すごいですね~!

 

※ gooブログ『ありさの日記』
 http://blog.goo.ne.jp/arisa-takami0215

☆平成22年度松原市民バトントワリング大会&第29回マリ・バトンスクールコンペティション

去る4月29日(祝)松原市民体育館にて恒例の松原市民バトントワリング大会&マリ・バトンスクールコンペティションを開催いたしました。okP1070197
3歳児から社会人まで、約300名のトワラー達が金メダルと優勝カップを目指してこの一年間の成果を競い合います。今年はゲスト審査員として日本スポーツバトン協会常任理事の綿貫真由美先生をお招きしたこともあり、出場選手たちはいつも以上にヒートアップしました。成績は次のとおりです。  

 

                                            okP1070307
選手権部門アスリートコース
                   第1位 田中 穂香
                   第2位 工藤 優女
                   第3位 大隈 伶奈
                   第4位 仲野マリ子
                   第5位 吉田 絢香 
                    第6位 芝原 萌香
選手権部門レギュラーコース 
                   第1位 黒川 ゆいokP1070327
                                           第2位 小幡 温子
                                           第3位 桝本 玖瑠美

   ティームの部  優 勝   F♥Kリトル
                           準優勝  プラネット
                            第3位   ルーシィ神戸
                            第4位   ジュピター
                           第5位   F♥Kプチート

       

okP1070207       okP1070308
小さなトワラーもウォームアップ中!      閉会式・・・真剣に耳を傾けて・・・

☆シルクドゥソレイユ『KÀ』を観賞してきました!

スタッフはやっと念願の『KÀ』を観にラスベガスへ!!
はやる思いを抑えきれないまま日本を発ちました。
ラスベガスの空は前日の強風がウソのように収まり、“澄み渡る青空”が私たちを迎えてくれました。

一日目のダイアナ役は高見亜梨彩、二日目はのんのんさん(高橋典子さん)。二人のダイアナを観ることができたのは本当にラッキーでした。
またその日は偶然、『ZED』に出演中の稲垣正司さんと小城桂馬さん(立命館大学バトンチーム)も来られ、一緒に写真を撮らせていただいたのもさらにラッキーなことでした。
そして、ショーが終わるとまたまたお食事をご一緒させていただき、楽しくおしゃべりをして過ごしました。普通では“あり得ない”体験でした。

P1070137

      ※ ダイアナ・高見亜梨彩 ※

                               P1070167

                 ※ ダイアナ・高橋典子さん  フォレスト・高見亜梨彩 ※

 

P1070182

 

この写真はその時に撮ったものです。
3人揃っての写真は1993年シンガポールのチンゲイパレードに出演した時以来(?)で、とても貴重な写真です。
当時、稲垣正司さんと高見亜梨彩は中学生・・・なんと成長したことでしょう!

 

※※※ 高橋典子さん・稲垣正司さん・高見亜梨彩 ※※※
      貴重な3(スリー)ショット!!