ありさ通信「ラスベガスの澄み渡る青空より」12

☆最新ニュース・別のアクトでデビュー!!

ラスベガスからメールが届きました…
私たちもつい1ヶ月半ほど前に目の当たりにしてきたシーンが甦り、“あの悪者のコスチュームでする、アレかな…”と読んで行くにつれ、いつもながら足が震える思いです。 

『5月13日、ポスト&ビームスと呼ばれるシーンで、以前とは別のアクトでデビューしました。
今回のアクトは、スピードをつけてロープを滑り降り、その後、客席上の3階の高さのところで、ペンデュラムというケーブルに吊られた状態でスイングするトラックです。
森のシーンのペンデュラムと異なり、こちらは、スイングからレイルに戻る際、テクニシャンの方がケーブルを引っ張って、長さを調整しながら行います。
何度も足を強打しながらも無事にデビューすることができました。

今回はデビューを事前に知らされていた訳ではなく、この日のトレーニングを終えた際に、コーチとキャプテンに「では、次は今日のショーで・・・」とニコニコ笑いながら、サラッと言われ、「今日?!」・・・そこで初めて自分への覚悟を決め、ショーで行うことになりました。
突然のデビューとなりましたが、もちろん緊張しながらも、無事に2回のショーで行うことができました。』

写真があればいいのですが、残念ながらシアター内は撮影禁止です。
私たちもまたまた、あのKÀシアターに行きたくなってきました…!!

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

コメントは停止中です。